求人を考える

カテゴリ
PICK UP!

求人を考える

就職難と言われる昨今。
「アルバイトすら受からない!」なんて声も一時期はよく聞かれました。
事実、求人募集自体昔に比べると数が減り、求人内容も随分厳しいものとなっています。
一流大学を卒業していれば将来安泰!なんて考え方はとっくに古いのです。
むしろ、資格を特に持たない大卒者よりも、何らかの資格を手にした人の方が優遇される傾向。
日本独特の新卒ブランドの影響もあり、就職浪人を避け、大学院にコマを進める人も多くなりました。
しかし大手企業を始め、求人募集のあり方を変えようとする動きは少しずつ改善されています。
学歴よりも経験。
実践をより多く積んだ人や、つぶしの効く人材は不景気の世の中だからこそ企業は必要としているのです。

特に日本が抱える問題に、医療現場の人材不足、また出生率の低下があります。
求人自体数は低下していても、実はこの辺の分野では人手不足が深刻化。
様々な形で求人募集がかけられています。

求人とは広く世界経済を映す鏡のようなもの。
求人の数と内容は私達が肌で感じる経済そのものと言っても過言ではありません。